利用者さん_night of 地域活動支援センターとも

HOME > 駅前センター > 利用者さん_night

D-51_どんな人が.png

利用者さんの様子紹介

ほっぷでは、障がいをお持ちの方やや生きづらさを感じる方が、さまざまな目的のもと、働いています。ここでは、どんな方が、どんなふうに働いているのか、わかりやすく紹介します。なお、登場する人物については、ご本人が特定できないように加工されていますので、ご了承ください。

ケース①

Cさん(厨房のお仕事)

10:45 出勤  
身支度を整えてタイムカードを押します。

101219C-3.jpg11:00 朝礼
今日の目標や、仕事内容、体調などを支援員の人と確認しあって、仕事を始めます。
朝礼が終わったら、衣服のホコリなどを取り、入念に手洗いをして厨房に入ります。最初の仕事は「洗い物」です。
先に仕込みに取り掛かっていた調理スタッフが使用した調理器具を洗います。
洗い物を終えると、次は「オニオンスライスの仕込み」です。
今まで料理はあまりしてきませんでしたが、まずは裏方の仕事をやりたいという希望から厨房での仕込みの仕事をするようになりました。
最初は包丁の使い方もおぼつかなかったのですが、支援員と相談して「自分のペースでいい」と考えるようになってからは、だんだんと包丁の使い方も身につき、自信がついてきました。

101219_C-3-2.jpg11:45 30分間の休憩
仕事をすることになかなか慣れず、とても疲れてしまうことが続いたので、支援員と話し合って休憩時間を長めに設定しました。でも、最近は疲れすぎてしまうこともなく、目標もはっきりしてきたので、休憩
時間を少し短くしようかと相談中です。

12:15 
調子が悪かったり、気持ちが落ち込んでいる日には「ちゃんと終わるだろうか」と不安になり、焦ってしまうこともあります。しかし、支援員が、そのようなとき必ず声をかけてくれ、安心して仕事に集中できま
す。

12:00 終礼
今日の仕事を支援員の人と振り返ります。
タイムカードを押して帰ります。

101219_C-5.jpg私は、働いた経験がありませんでした。働いてみたいとも思いましたが、学校で友達と上手く付き合えなかったことや、人前にでると緊張してしまうことを考えると、仕事をするなんて考えることができませんでした。人との関係が不安でした。学校を卒業して、次の進路を決められず、市内の精神障がいのある人が利用するセンターに通うようになり、そこで、ほかの利用者さんの話から、ほっぷを知りました。自分に合わせて働くことができ、短い時間でもいいし、仕事内容や働き方も職員さんと話し合って決められると聞いて、道が開けたような気持ちになりました。実際に働いてみると、心配していた他のスタッフとの関係も私なりにうまくとれて、、だんだんと慣れてくれば、自分もちゃんと通えるんだということがわかり自信がついてきました。
今は、コンビニでアルバイトをすることが目標です。

ケース②

Dさん(開店準備~開店後)

15:45 出勤  
身支度を整えてタイムカードを押します。
16:00 朝礼
101219_D-5_pop.jpg今日の目標や、仕事内容、体調などを支援員の人と確認しあって、仕事を始めます。
朝礼が終わったら、衣服のホコリなどを取り、入念に手洗いをして、厨房に入ります。
まずは、夜ほっぷ開店のための準備です。
しょうゆ差しにしょうゆを補充したり、おしぼりを準備したりします。
はじめは、ひとつひとつ質問したり、マニュアルを見たりしないと難しかったのですが、だんだん、順番ややり方も覚えて任せてもらえるようになり、自信を持ってできるようになりました。

101219_D-9-2.jpg17:00 休憩のあとは、いよいよお客様をお迎えします。
このときが一番緊張します。
「いらっしゃいませ」をいうことはそんなに抵抗がなかったのですが、
答えられない質問があると、どきどきして、言葉につまってしまうことがあります。そんなときに、職員の人に「大丈夫だよ。」と声をかけてもらい、どんな風に答えたらよいか教えてもらうと、気持ちが落ち着きます。

途中、洗いものをしたり、POPを描いたりもします。また、外の掃き掃除や、チラシ配りをすることもあります。

20:00 終礼
今日の仕事を支援員の人と振り返ります。
タイムカードを押して帰ります。


101219_D-4-2.jpg私は、障がい者雇用による就労を目指していて、今就活中です。面接の結果がうまくいかなかったときには、落ち込んで、ほっぷに来るのも気が重いことがあります。でも、ほっぷの職員に、励ましてもらえると、またがんばろうという気持ちになります。また、私の障がいの特徴でもあるのですが、忙しくても、時間がゆったりしてしまっても、どうしてよいかわからなくなり、慌てたり、いらいらしたりします。でも、お店でいろいろなことを経験するうちに、そういう変化にも少し慣れてきました。感情をコントロールすることは、今も少し難しいのですが、どうしても就職したいので、そこを練習していきたいと思っています。目標があるので、これからも少しずつがんばっていきたいと思っています。

side_駅前ほっぷトップボタン.pngside_駅前ほっぷトップボタン.png
side_昼ほっぷトップボタン.pngside_昼ほっぷトップボタン.png
利用者さんの様子.png利用者さんの様子.png
オリジナル商品.pngオリジナル商品.png
提供品募集.png提供品募集.png

夜ほっぷのトップ.png夜ほっぷのトップ.png
メニュー.pngメニュー.png
利用者さんの様子_夜.png利用者さんの様子_夜.png
ほっぷの夕べ.pngほっぷの夕べ.png

A-40_ほっぷ_btn_110119.pngA-40_ほっぷ_btn_110119.png